おすすめのビジネスシューズブランドを11つ紹介!

突然ですが、あなたはどのようなビジネスシューズを履いていますか?

もし今履いているビジネスシューズがボロボロだったり、品質の悪いものなら、あなたは「仕事のできないビジネスマン」を判断されているかもしれませんよ。

初対面で相手の「靴」を見ている人は多く、優れたブランドのビジネスシューズを履いていれば、それだけで好印象を与えることができます。

 

いざビジネスシューズを買おうとしても、「ブランドが多すぎて、どれがいいか分からない」という人もいるでしょう。

そこで今回は、おすすめのビジネスシューズブランドを10つ紹介します。

「人気ブランド、高級ブランド、機能性ブランド、コスパのいいブランド」と紹介しているので、気になる項目があれば、下記の目次をクリックしてください。

人気のビジネスシューズブランドを2つ紹介!

まずは「これを選んでおけば間違いない」という人気のブランドを2つ紹介します。

どちらのブランドも多くのビジネスマンに愛されています。

 

REGAL(リーガル)

項目詳細
価格21,380〜26,244円
素材天然皮革
(靴底はゴム)
種類プレーントゥ

リーガルは、1902年創業した日本の老舗革靴ブランドです。

多くのビジネスマンに愛されており、圧倒的な信頼がありますね。

 

今回紹介したビジネスシューズは、リガールの中でも定番の人気モデルです。

オーソドックなプレーントゥで、クセがなく、どんな服装にも合わせることができるでしょう。

素材は天然皮革が使われており、履けば履くほど自分の足に馴染んでいきます。

また靴底にゴムが使われており、耐久性や耐水性が高く、グリップ力も強いので滑りづらいですね。

 

そして、この革靴は「グットイヤーウェルト製法」という特殊な方法で作られています。

グットイヤーウェルト製法は他の製法に比べて職人の技術が重要で、多くの部品と手間がかかる分、丈夫で長持ちするのが特徴です。

 

実は、私もリーガルのビジネスシューズを持っておりますが、5年以上履いています。

雨の日でも気にせずガンガン履いていますが、問題ないぐらいに丈夫ですね。笑

「ビジネスシューズに2万円払うのは高い」という人がいるかもしれませんが、長年履くことができるので決して高くはありません。

このシューズは2万円ですが、私のように5年履けば、着用コストは1年で4,000円になりますね。

5,000円の安いビジネスシューズは1年に1回買い換えるよりも、安くなるんですよ。

また、2017/05/30現在アマゾンでセールが行われており、お得に購入することができます。

セールは告知なく終了するので、気になる人は早めにチェックしてください!

 

 

Clarks(クラークス)

項目詳細
価格12,400〜16,200円
素材天然皮革
(靴底はEVA)
種類プレーントゥ

クラークスは、イングランドの生まれた世界的なシューズブランドです。

クラークスの定番はデザートブーツですが、ビジネスシューズも同様に人気なんですよね。

種類は基本的なプレーントゥなので、これを持ってけば、どんな服装にも合わせることができます。

非常にシンプルなデザインをしています。

 

このシューズには、「クッションプラス」という特殊な技術が使われています。

足裏が当たる部分に、3種類の異なるソールが使われているのが特徴ですね。

これによって、負担を軽減しながら、自然な足の動きをサポートしています。

シンプルな見た目でありながら、最先端の技術が使われているビジネスシューズだといえるでしょう。

 

 

ESPERER

項目詳細
価格5000円前後
素材合成皮革
種類ストレートチップ

ESPERERのポイントは価格の安さです。

ビジネスシューズは1万円が相場ですが、このシューズはまさかの5000円台!

さらに品質も高く、合成皮革に見えない上質な仕上がりになっています。

また「バクテシャット」という独自の抗菌消臭加工をしており、長時間履いても衛生的といえるでしょう。

インソール(中敷き)は取り外して手洗いすることも可能です。

安くて、品質も良いビジネスシューズが欲しい!」という人にオススメ!

高級ビジネスシューズブランドを2つ紹介!

下記では、持っていると「一目置かれる」ような高級ブランドを2つ紹介します。

「良いビジネスシューズが欲しい」「1つのシューズに愛着持って長く履きたい」という人にオススメですね。

では、詳しくみていきましょう。

 

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)

項目詳細
価格32,400円
素材牛革
種類ストレートチップ

スコッチグレインは「英国風のオシャレ」をコンセプセトにした日本のブランドです。

「本物の革靴を作りたい」という熱い思いから、高いクオリティの革靴を生産しています。

 

今回紹介したシューズはストレートチップで、よく見るとメダリオン(穴)があり、ドレス感を演出していますね。

また内羽根式なので、全体的なシャープな見た目をしています。

さらに、靴底まで徹底的に「革」を使用していますね。

革底は通気性がよく、足が臭くなりにくいというメリットがあります。

ただゴム底に比べて、滑りやすいので注意しましょう。

他のビジネスシューズに比べて、シャープで洗練されたデザインをしていますね。

 

 

Dessert(デザート)

項目詳細
価格38,999円
素材天然牛革
種類モンクストラップ

このビジネスシューズは、天然革を使用した高級革靴になります。

そして、モンクストラップにより他のビジネスシューズとは一線を画す個性的なデザインをしています。

モンクストラップはデザイン性だけでなく、着脱が簡単というメリットもあるんですね。

またゴム合成底で滑りぬくい仕様になっています。

まさに、デザインと機能性を兼ね備えシューズでしょう。

通常価格は38,999円ですが、アマゾンのセールで30,000円引き8,999円で購入することができます。

セールは告知なく終了するので、気になる人は早めにチェックしてください!

 

 

機能性の高いビジネスシューズブランドを3つ紹介!

下記では、機能性に優れたビジネスシューズブランドを3つ紹介します。

「見た目も大事だけど、機能性も譲れない!」という人にオススメですね。

やはり、高い技術力を持っている日本のブランドばかりになりました。

 

TEXCY LUXE(テクシーリュクス)

項目詳細
価格4,900〜6,480円
素材牛革
種類ストレートチップ

テクシーリュクスは「スポーツで培った技術をビジネスシューズに活かす」というコンセプトの元に、アシックスが作ったブランドです。

なので、アシックスのスポーツシューズに技術が盛り込まれており、高い機能性を持っているのが特徴ですね。

 

今回紹介したシューズは、基本的なストレートチップ。

靴底のラバーソールにこだわっており、足の動きに合わせて曲がりやすいデザインになっています。

また、日本人に多い幅広に対応できるように、サイズは3E相当です。

さらに、取り外し可能な中敷を導入しているので、とても衛生的ですね。

アマゾンで500件のレビューが付いている超人気商品で、多くの人が高評価をつけています。

 

 

MIZUNO(ミズノ)

項目詳細
価格18,360円
素材天然皮革
種類ストレートチップ

ミズノは100年以上の歴史を誇る、日本の大手スポーツブランドです。

今では、アメリカ・アジア・ヨーロッパなどにも進出し、世界でも高い評価を受けています。

 

今回紹介したシューズは、ミズノのスポーツ技術が集約されているんですよね。

まず、このシューズは高いクッション性と安全性を両立しています。

また、ソールは歩く動作に対応する設計をしており、歩き心地が抜群!

ソールに使用されている素材は、耐摩擦性の高いラバーで、耐久性に優れています。

「ビジネスシューズを長く履くと、かかとが擦切れる」という人にはピッタリでしょう。

 

アマゾンの口コミでは「ビジネスシューズの見た目に、ウォーキングシューズの機能性が加わっている」という声もあり、ミズノの高い技術力に満足しているようです。

また、アマゾンではセールを行っており、通常価格18,360円10,208〜16,632円(サイズによって異なる)まで安くなっています。

セールは告知なしで終了する可能性があるので、気になる人は早めにチェックしてください!

 

 

通勤快足(ツウキンカイソク)

項目詳細
価格13,399〜18,360円
素材牛革
種類プレーントゥ

電車のような名前のブランドですが、ビジネスシューズを作っています。笑

通勤快足は日本生まれのビジネスシューズ専門ブランドで、快適な機能を搭載したビジネスシューズを得意としています。

すべて日本国内の工場で生産しており、高品質なのが特徴でしょう。

 

今回紹介したシューズは、ビジネスシューズには珍しいゴアテックスを使用しています。

ゴアテックスといえば、マウンテンパーカーなどに使われる素材で、防水性と透湿性に優れていますね。

なので、雨や雪でも足元を濡らさず、快適に履くことができます。

 

また、ソールは耐滑性に優れており、雨の日でも安心でしょう。

他のシューズにはない、特徴的なソールですね。

そして、幅広の日本人にも対応できるように4Eサイズになっています。

まさに「高機能な日本製のビジネスシューズ」だといえるでしょう。

 

 

コスパのいいビジネスシューズブランドを3つ紹介!

上記では様々なビジネスシューズを紹介してきましたが、「安いシューズがいい!」という人もいるでしょう。

しかし、安さだけに着目すると品質の悪いシューズを買ってしまうこともあります。

そこで、安くて品質も良い「コスパに優れた」ビジネスシューズブランドを紹介します。

 

Business Leather Factory(ビジネスレザーファクトリー)

項目詳細
価格13,999円
素材牛本革
種類ストレートチップ

ビジネスレザーファクトリーは、その名の通りビジネス用の革製品を作っているブランドです。

革の業者と直接取引することで、オリジナルの革を使用しています。

 

今回紹介したシューズは、洗練されたフォルムをしており、フォーマルシーンで使用しても問題ありません。

また、内羽根式で格調高くスタイリッシュなデザインですね。

革靴には内羽根式と外羽根式がありますが、 内羽根式はスマートで、見た目に優れています。

さらに、靴底にはラバーグリップが付いているので滑りにくいですね。

グリップ力があって安定しているので、雨の日でも安心して履くことができます。

 

ところで、「価格が14,000円って全然安くないじゃん!」と思う人もいるでしょう。

実はこのシューズは、アウトレット商品なので、価格が8,999円まで安くなっているんですね。

アウトレットの理由は、「傷があるから」ということですが、そこまで気にならないでしょう。

下記は実際の写真ですが、パッと見て、どこが傷なのか分かりますか?

また、実際に買った人の口コミを見ても「どこに傷があるか分からない」とのことでした。

神経質な人は避けた方が良いですが、「安い方がいい!」という人はこのシューズをオススメします!

 

 

HIMAWAR

項目詳細
価格3,988円
素材牛革
種類プレーントゥ

一般的なプレーントゥのビジネスシューズになります。

特徴は驚くべき値段の安さで、まさかの3,988円ですね。

今回紹介したシューズの中には、定価が40,000円するものもあったので、その10分の1と考えると格安でしょう。

「安いから品が悪い」ということもなく、メインの素材は牛革を使用しており、他のシューズと遜色ありません。

デザインも良いので、「安いからダサい」ということもないですね。

アマゾンでは多くの口コミがありますが、そのほとんどが高評価を付けています。

まさに「コスパに優れたビジネスシューズ」でしょう。

 

 

神戸リベラル

項目詳細
価格4,298円
素材合成皮革
種類ストレートチップ

神戸リベラルは、神戸にあるバッグブランドですね。

ビジネス系のアイテムを取り扱っており、その中に「ビジネスシューズ」もあります。

実は、神戸リベラルのビジネスシューズは累計75,000足売れている大人気の商品なんですよ。

アマゾンのビジネスシューズランキングで、3年連続1位を取っています。

 

写真を見てもらうと分かりますが、見た目はチープではなく、むしろ高級感を感じるほどですね。

なぜここまで安いのかというと、企画から生産まですべて自社で行っているからです。

他の業者に頼むと余計なコストがかかるので、自社生産でコストを抑えることができるんですね。

通常価格が4,298円ですが、アマゾンで購入すると30%オフ2,980円でゲットできます。

このセールは予告なく終了するので、気になる人は早めにチェックしてみてください。

 

 

まとめ

オススメのビジネスシューズを紹介しました。

できるビジネスマンほど、シューズにこだわっています。

なぜなら、初対面で「ビジネスシューズ」を見る人が多いからですね。

もし初対面で挨拶したビジネスマンがボロボロのシューズを履いていたら、どう思いますか?

仕事できないかも、見た目に気を使う余裕がない人、だらしない人」と思いますよね。

なので自分の履くシューズは良いものを選び、初対面の相手に好印象を与えて、ビジネスを有利に進めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です