使い分けができて便利な「3WAY(ウェイ)」のオススメビジネスバッグの紹介!

どーも!バッグオタクのタローです。

突然ですが、みなさんはどのようなビジネスバッグを使っていますか?

トートバッグ型、ブリーフケース型、リュックなど様々だと思いますが、ぼくは断然「3WAY(ウェイ」をオススメします。

3WAYとは、「トートバッグ、リュック、ショルダーバッグ」と3通りの使い方ができるバッグのことです。

 

実は、以前3WAYのバッグを使っていました。

状況によって使い分けができるので、とても便利でしたよ。

その経験をふまえて、3WAYのメリットや、オススメの3WAYビジネスバッグを紹介していきますね!

 

→「先にオススメの3WAYバッグを見たい人はこちら

そもそも「3WAY」ってどういう意味?

まず、「そもそも3WAY(ウェイ)ってなに?」ということから説明します。

冒頭でも少し触れましたが、3WAYというのは、「3通りの使い方」ができるバッグなんですね。

ちなみに、WAYというのは、日本語で「方法」という意味で、3WAYは「3つの方法」を表しています。

3WAYバッグは、下記の3通りの使い方ができます。

  • トートバッグ(手さげ)
  • リュック
  • ショルダーバッグ(肩掛け)

一つのバッグで、3つの役割をこなすことができて、結構便利なんですよ。

 

実際に使ったぼくが3WAYをメリットを説明

では、実際に使っていて感じた「3WAYバッグのメリット」を説明していきます。

メリットは下記の3つですね。

  • 状況によって使い分けができて便利
  • 生活環境の変化にも対応できる
  • 簡単に切り替えができる

詳しく説明しますね。

 

状況によって使い分けができて便利

これは3WAYの「最大のメリット」だといえるでしょう。

使う状況によって、バッグの種類を切り替えることができます。

「3種類も使い分ける必要ないでしょ」と思う人もいるかもしれませんが、けっこう使い分けますよ。

例えば、電車通勤している人が3WAYのリュックを使ったら、どうなるでしょうか?

まず、自宅から駅まではショルダーバッグを使います。

なぜなら、両手が空いていれば、「傘をさす、スマホで情報をチェックする」という行動ができるからです。

そして、駅に着いたらトートバックに切り替えます。

通勤電車は混み合っているので、ショルダーのままだと、他の人に当たったりスペースを取ったりして、非常に迷惑になります。

その点、トートバックだと他人の迷惑になりませんよね。

会社(仕事中)も、トートバッグがいいでしょう。

外回り営業でも、トートバッグ型なら、問題ありません。

ついに仕事が終わって、帰宅するときはリュックに切り替えます。

仕事終わりは疲れているので、無駄な体力を使いたくないですよね?

リュックは重さを体全体に分散してくれて、負担がかかりにくいです。

  • 自宅〜駅:ショルダー
  • 駅〜会社(仕事中):トート
  • 会社〜自宅(帰宅)リュック

このように使い分けができると、1日の通勤が快適になりますね。

ショルダー、トート、リュックの全てのいいとこ取りができるのが、3WAYの魅力です。

ぼくは都市部で働いていましたが、3WAYを使っているビジネスマンはけっこういましたよ。

 

生活環境の変化にも対応できる

上記で説明したのは「1日での変化」でしたが、もっと大きな生活の変化にも対応できます。

例えば、転勤をして勤務地が変わった場合などです。

それまでは電車通勤だったのが、自転車通勤に変わったら、ビジネスバックもそれ合わせて変えたくありませんか?

電車通勤の人のビジネスバッグは、トートバッグが多いと思います。

その人が転勤して、自転車通勤になったら、そのままトートバッグを使うのは難しいですよね。

自転車のカゴにバッグ入れて通勤するって、危ないし、ダサくないですか?

できれば、リュックかショルダーがいいでしょう。

3WAYなら、そんな時に、わざわざ買い換える必要がありません。

種類を切り替えるだけでいいし、無駄なお金もかからないですね。

このように、3WAYであれば、様々な環境の変化に対応することができます。

 

簡単に切り替えができる

気になるのが「バッグの種類を切り替えるのに、どれぐらい手間がかかるか」ですよね。

「いちいち切り替えるのが、めんどくさそう」と思ってしまう人もいるでしょう。

実際、切り替えは簡単です。

ぼくはポーターの3WAYを使っており、状況によって切り替えをしていました。

切り替えにかかる時間は30秒ぐらいで、すぐに終わります。

例えば、トートバッグからショルダーバッグに切り替えるなら、肩掛け用のヒモを装着するだけでOKです。

慣れてくれば、30秒もかかりません。

切り替える手間はそこまでかからないので、めんどくさがりの人でも使いこなすことができますよ。

 

管理人のオススメの3WAYを2つ紹介!

ここからは、具体的にオススメの3WAYを2つ紹介していきます。

 

POTER(ポーター)

項目詳細
価格28,620円(税込)
容量不明
仕様外側
ポケット×2つ
サイドポケット×2つ
内側
ジップポケット付き
サイズ29×40×10
重さ795g

大人気ブランドポーターの3WAYですね。

「3WAY」といえば「ポーターの3WAY」をイメージする人も多いと思います。

それぐらい、人気のモデルです。

このモデルは「タンカー」というシリーズで、アメリカ空軍のフライトジャケットをイメージでした作られています。

発売当時からずっと人気で、今でも多くの人に愛用されています。

私も以前使っていましたが、使い勝手は抜群です。外側に二つポケットが付いているので、小物の収納もできます。

切り替えると下記のようになります。

引用元:http://store.shopping.yahoo.co.jp

耐久性が非常に高いのも特徴ですね。

僕は4年間ずっと使い続けましたが、へこたれることはなく、「タフに作られているなあ」と感心しましたね。

通勤用で使っている人も多いので、安心して使うことができます。

ビジネスで使うなら黒を選びましょう!

高級感のある素材なので、黒だとより一層上品な雰囲気になります。

 

 

THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)

項目詳細
価格23,760円(税込)
容量25L
仕様外側
ポケット×2つ
サイドポケット×2つ
内側
ポケット×2
PC収納
サイズ45×31×16
重さ1,105g

人気アウトドアブランドのノースフェイスの3WAYリュックです。

「アウトドアブランドなのにビジネス用に使えるの?」と思っている人、大丈夫です!

なぜなら、「通勤や仕事用」に使えるように作られているビジネスバッグだから。

まず、シンプルなデザインがカッコイイですね。

無駄なものが省かれており、スーツ姿にもピッタリです。

さらに、見た目だけでなく、「使い勝手」もいいですよ!

仕事用の荷物を持ち運べるように、小分けの収納が付いています。

ノートや書類はもちろんですが、タブレットやPCなどの電子機器も収納できます。

特に、通勤でノートPCを持ち運ぶ人は「PC収納があるかどうか」が気になりますよね?

このバックにはPCを入れる用の収納スぺースがあるので、PCの持ち運びも安心してできます。

 

また、「バリスターナイロン」という、軍事用にも使われるような素材を選んでいます。

なので、耐久性に優れています。

「さすがは、アウトドアブランド!」といったところですね。

ビジネスバックは毎日使うので、少しでも耐久性に優れていると、嬉しいと思います。

 

容量は25Lです。

25Lというと、2泊3日の旅行荷物が入るぐらいですね。笑

普段の仕事では25Lの必要ありませんが、急な出張が入っても、このバッグがあれば対応できます。

 

1万円以内のコスパ重視3WAYを2つ紹介!

ここでは価格が1万円以内の「コスパのいい」3WAYを紹介します。

「とにかく安い3WAYが欲しい」という人は、ぜひ参考にして見てください!

 

Rhombus(ロンバス):3,980円(送料無料)

項目詳細
価格3,980円(税込)
容量25L
仕様外側
ポケット×1
内側
PC収納
小分け収納
サイズ40×30×15
重さ950g

「ロンバス」というブランドが出している3WAYになります。

価格は3,980円!

上記で紹介したポーターの3WAYは28,620円なので、どれぐらい安いかは分かるでしょう。

正直、「これ利益出てるのか?笑」と疑ってしまうような安さです。

ここまで安いと「安いだけで品質が悪いのでは?」と気になるので、チェックしていきましょう。

まず、使い分けは下記のようになります。

いたって普通の3WAYですね。

なんなら、バックパック(リュック)スタイルは、スマートでカッコイイぐらいです。

次は、「使い勝手」を見ていきましょう。

収納スペースやポケットは、下記のようになっています。

小物を分ける収納、PC専用の収納と、充実しています。

外側にポケットも付いているので、すぐに取り出したい「財布やメモ帳」などを入れておくと、便利ですね。

さらに、雨の日でも使えるように「防水カバー」まで付いています。

3,980円とは思えないほど、使い勝手に優れています。

アマゾンの中でも、かなり人気の部類に入っており、その理由も分かりますね。

「価格を重視して選びたい」という人は、ロンバスがオススメですよ!

 

Amazon(アマゾン)でしか販売していません。

 

GERMANE GEAR(ジャーマンギアー)

項目詳細
価格9,720円
容量25L
仕様外側
ポケット×1
小分け収納
内側
PC収納

サイズ40×29×10
重さ950g

「ジャーマンギア」というブランドの3WAYです。

ポリエステルが使われており、少しスポーティーな見た目をしていますね。

価格は9,720円と、1万円を切っています。

しかも、2017/04/19現在だと、半額セールをしており4,900円で購入することができます。

気になる人は、下記のリンクより確認ください。

 

➡︎アマゾンでジャーマンギアのセール価格をチェックする

 

では、バッグの詳細をみていきましょう。

ショルダーバッグ用の肩掛けヒモは、かなり丈夫そうです。

これぐらいしっかりしていると、「肩に食い込んで、痛い!」ということもなさそうです。

 

次はバッグの機能を見ていきましょう。

外側のチャックを開けると、小物用の収納スペースが付いていますね。

ペンの収納があるのは、地味に嬉しいです。

カバンの中にペンを入れておくと、どこにいったか分からなくなり、「書きたいときに見つからない!」なんてこともあります。

専用の収納があると、見失うこともなくなって便利ですね。

また、PCを入れる収納も付いています。

一般的な書類のサイズである「A4」も問題なく入っているので、「収納」に関して困ることはなさそうです。

 

 

機能性の高い3WAYを2つ紹介!

ここからは「使い勝手や機能性に優れた3WAY」を紹介しています。

「多少高くても、機能性に優れたものを選びたい」という人にオススメですね。

 

TUMI(トゥミ)

項目詳細
価格64,800円
容量不明
仕様外側
ポケット×5
小分け収納
内側
タブレット収納

サイズ40×29×9
重さ不明

TUMIのビジネスバッグを使っている人は、けっこう多いですね。

特に、営業職で「お客さんに見られる人」が、TUMIを愛用しています。

ビジネスバッグの中では高価なので、「TUMIを持っている」ということがステータスでもありますね。

 

このバッグは、日本限定の特別なモデルになります。

見た目はシンプルですが、「これでもか!」というぐらい機能が詰めこまれているんですよ。

まず、ショルダーベルト(肩掛けひも)が特許取得済みで、TUMIのオリジナルのものになります。

留め具部分が特殊な作りをしており、背負う人の負担を軽くする仕組みをしています。

さらに、「TUMI ID LOCK」という独自のシステムを搭載しています。

TUMI ID LOCKは、情報を抜き取られる「スキミング」を防ぐことができます。

具体的には、1つのポケットを対象に、TUMI ID LOCKがかかっています。

そのポケットにクレジットカードを入れておけば、情報が抜き取られる心配がなく安全ということですね。

特に海外出張に行く機会がある人には、嬉しい機能でしょう。

その他、ポケットなどの収納は重視しています。

バッグでは珍しい「保護パッド付きのタブレット収納」まで付いてます。

ここまで、機能性を持ったバッグもなかなかありません。

海外出張がある人や、高い機能性を求める人にはオススメですね!

またTUMIのことを知っている人からみると、「TUMIを持っているだけ」で一目置かれるでしょう。

周りと差をつけたいビジネスマンにも、もってこいです。

 

 

BRIEFING(ブリーフィング)


項目詳細
価格52,920円
容量不明
仕様外側
ポケット×5
小分け収納
内側
タブレット収納

サイズ46×35×10
重さ1,450g

ブリーフィングは、軍事用でも使えるような、耐久性の高いバッグを作っています。

軍でも使えることを意味する「ミルスペック」というものがあります。

ブリーフィングのリュックは、どれもがミルスペックをクリアしています。

今回紹介している3WAYの中で、最もタフなバッグだといえるでしょう。

 

そして、ブリーフィングはビジネスバックの中で人気です。

実際ぼくが営業をしていたときも、ブリーフィングのバッグを使っている人が数名いました。

価格は少し高いですが、「本当にいいバッグを使いたい」という人は持ってましたね。

 

では、バックについて、見ていきましょう。

下記の画像は、ショルダーバッグ型に切り替えているものです。

黒のどっしりしたボディに、赤のスティッチ(糸線)が映えていますね。

バッッグの中央をぐるりと囲むように、ナイロンテープが巻かれています。

ちなみに「黒のナイロンテープと赤のスティッチ」は、アメリカ国内では軍用以外の生産が禁止されています。

つまり、「黒のナイロンテープと赤のスティッチ」が使われてるバッグは、本物の軍用バッグということですね。

また、素材は防弾チョッキで使われている「バリスターナイロン」を使用しています。

なので、かなり高い耐久性を持っています。

 

リュック型は下記のようになっています。

リュック用のベルトは、しっかりと縫い付けられています。

このバッグは、全部がカバッと開くのも特徴です。

開いて使うと、荷物の出し入れもしやすいですね。

特に出張などで荷物が多いときは、スーツケースのように開くことができて、とても便利です。

 

「ガンガン使うから、タフなバッグがいい」という人にオススメします。

ぼくの印象だと、30代のビジネスマンがよく使っていましたね。

 

 

 

「おしゃれ」でデザインに優れた3WAYを紹介!

ここからは、見た目がオシャレな3WAYを紹介します。

仕事をする上で見た目は重要ですよね?

特に、営業マンは身なりで判断されることがあります。

そんなときに、おしゃれなビジネスバッグを使って、相手に良い印象を与えましょう!

 

Orobianco(オロビアンコ)

項目詳細
価格41,040円
容量不明
仕様外側
ポケット×4
内側
ポケット×1
サイズ41×27×10
重さ不明

オロビアンコは、オシャレなバッグを得意としています。

持ち手に付いている、赤・白・緑のアクセントが特徴的です。

実はぼくは都市部で営業をしており、そのときにオロビアンコのバッグを使っている人も多かったです。

やはり、オシャレなビジネスマンばかりでしたね。

 

今まで紹介してきたバッグは、黒でスマートなものが多かったですが、このバッグは「カジュアル寄りでオシャレ」ですよね。

所々に天然のレザーが使われており、柔らかい風合いを表現しています。

リュックにすると、下記のようになります。

シンプルな作りをしているので、余計な機能は付いていません。

しかし、仕事で使うのに困らないように、ポケットや収納はしっかり付いています。

 

「他の人とは違う、オシャレなバッグが欲しい!」という人にオススメです!

 

 

PORTER(ポーター)

項目詳細
価格41,040円
容量不明
仕様外側
ポケット×2
内側
小物収納
PC収納
サイズ42×30×11
重さ1,160g

ポーターは2度目の登場ですね。笑

なぜ、わざわざ違うモデルを選んだかというと、デザインが洗練されているからです。

このモデルは「リフト」というシリーズになります。

写真を見てもらうと分かると思いますが、とてもスタイリッシュですね。

他のハイブランドに負けないような、かっこいいデザインです。

シンプルな3WAYは多いですが、このバッグは真ん中にジップがあり、特徴ですよね。

「シンプルなデザインがいいけど、他の人とは違うものが欲しい!」という人にピッタリ。

 

デザインだけでなく、使い勝手もいいですよ。

下記は、一番大きい収納部分です。

たっぷり収納できていますね。

また、ペン入れなど、小分けの収納も付いています。

バックの中は、小物がバラけてしまうので、小分けの収納があると便利!

さらに、クッション付きのPC収納も付いています。

PCを衝撃から守ってくれるので、持ち運びも安心ですね。

 

さすがは国内生産にこだわっているポーターです。

デザインと機能性を両立させています。

 

 

まとめ

今回はオススメの3WAYビジネスバッグに付いて紹介しました。

3WAYは「リュックやトート、ショルダー」に切り替えのできる、便利なバッグです。

シーンや用途に応じて、簡単に使い分けができます。

実際、3WAYを使っているビジネスマンも多いです。

便利なので、人気なのも納得ですね。

3WAYバックが気になる人は、ぜひチェックして見てください!

2 件のコメント

  • 元営業マンが解説!ビジネスバックの選び方とオススメブランド紹介! | コブログ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です