メンズ ミニショルダーバッグのオススメをブランド別に7個紹介!

最近トレンドになっているミニショルダーバッグ。

「大きめのバッグは必要ないけど、小物を入れたい」
「財布やスマホを入れる小さめのバッグが欲しい」

という人にぴったりのバッグです。

サイズが小さく、見た目もスマートなので、ミニショルダーはとてもオシャレ!

本記事ではオススメのミニショルダーバッグをブランド別に紹介していきます。

PORTER(ポーター)

価格14,580円
サイズ横16.5cm×縦21cm
仕様外側
スナップポケット:1つ

内側
ベルクロポケット:2つ
素材高密度キャンバス

日本で一番有名なバッグブランドといっても過言ではない「吉田カバン」のポーター。

今回紹介しているミニショルダーはポーターの「フリースタイル」という人気のシリーズになります。

このミニショルダーは素材に「高密度キャンバス」が使われており、見た目はレザーのような高級感がありながらも、かなり軽量で使い勝手は抜群!

ミニショルダーは「休日のちょっとした外出で使う」こともあると思うので、軽量だと身軽に動けて嬉しいですね。

またデザインは「さすがポーター」と思わずつぶやいてしまいそうなほど洗練されており、カジュアルなイメージのあるミニショルダーなのに「上質な皮のバッグ」に見えます。

 

加えて、機能面も優れており

外側にスナップボタン付きのポケット、内側にベルクロ(マジックテープ)付きの小分けポケットが付いています。

「財布・スマホ・モバイルバッテリー・タバコ」といって小物を綺麗に収納することができます。

「デザインにも妥協したくない!」といったオシャレな人にオススメ。

ARC’TERYX(アークテリクス)

価格5,400円
サイズ横24.5cm×縦19cm
仕様外側
ジップポケット:2つ

内側
小分けポケット:1つ
ジップポケット:1つ
素材240デニールナイロン

アークテリクスは世界中で愛されているアウトドアブランドです。

今回紹介しているミニショルダーは「MAKA2」と呼ばれる商品で、今は売り切れ続出の人気商品になっています。

「流行りのミニショルダーといえば”アークテリクスのMAKA2”」というイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

MAKA2の特徴はデザイン・機能性・価格という全ての要素で高水準を保っていることです。

まずデザインに関してはアークテリクスらしく、シンプルで無駄な装飾が削ぎ落とされています。

ここまでシンプルであれば、どんな服装でも気にせず合わせることができるでしょう。

「普段着ている服がアウトドア系じゃないけど、マッチするのかな?」という心配する必要もありません。

 

次に機能性にも優れています。

素材には240デニールナイロンが使われており、防水性&耐久性に優れています

バックパネル部分(身につけたときに身体側にくる面)に小さいポケットがあります。

スマホやパスケースなど使用頻度の高いものを入れておけば、必要なときにサッと取り出すことができ便利でしょう。

さらにバックパネル部分には「スーパーメッシュ」と呼ばれる独自のメッシュ素材が使われているため、通気性・耐久性が高くなっています。

夏のアウトドアやフェスの利用したい方には、嬉しい機能ではないでしょうか。

 

メイン収納にジップポケット・通常のポケットがあるので、バッグの中で散乱しがちな小物類を綺麗に整理することができます。

メイン収納は500mのペットボトルがスッポリと入るぐらいのサイズで、容量はミニショルダーにしては多い方ですね。

フロント部分は小さめのジップポケットがあり、内側にはキークリップも完備。

紛失したら困る鍵をつけておけば、安心して屋外でバッグを使用することができるでしょう。

 

これほどデザインも優れていて、機能も充実しているのに価格は5,400円!

正直このクオリティで5,400円はコスパ良すぎだと思います。笑

実際に人気すぎてネットでは売り切れしていることも多いので、「欲しいな」と思っている方は在庫があればすぐに購入することをオススメします。

GREGORY(グレゴリー)

価格5,400円
サイズ横14.5cm×縦19cm
仕様外側
ジップポケット:1つ
素材420デニールナイロン

グレゴリーは日本で人気のバッグブランドです。

「グレゴリーのバッグパックを見たことある」という人も多いのではないでしょうか。

今回紹介するのは「クイックポケットM」というミニショルダーになります。

グレゴリーの定番バッグであるバックパックの要素を、ショルダー型に落とし込んだものですね。

 

素材には420デニールナイロンが使われており、耐久性に優れています。

機能はとてもシンプルで外側にジップポケットが1つ、メイン収納が1つあります。

外側のジップポケットには使用頻度の高いスマホなどを入れておけば、すぐに取り出すことができるので便利ですね。

デザイン・機能ともに「シンプルなミニショルダー」だといえるでしょう。

価格は5,400円と破格で、バッグの質を考えるとかなりコスパはいい方です。

OUTDOOR PRODUCTS (アウトドア プロダクツ)

価格3,780円
サイズ横26cm×縦20cm
仕様外側
ジップポケット:1つ
素材コーデュラナイロン

アウトドアプロダクツはアメリカ生まれのアウトドアブランド。

シンプルなデザインが特徴的で、アウトドアプロダクツとえば「デイパック」が定番アイテムになっています。

今回紹介するミニショルダーも、とてもシンプルで「アウトドアらしいデザイン」となっています。

まず素材には耐久性に優れたコーデュラナイロンを使用。

そしてバッグの容量がとても大きいのも特徴でしょう。

比較的大きいアークテリクスのMAKA2でさえ3Lだったのですが、このミニショルダーは容量が4Lもあります。

ミニショルダーといえど「荷物はたくさん入れたい」という人にオススメです。

また価格も3,780円と安いので、気軽に購入できるのもメリットでしょう。

Herschel Supply(ハーシェル サプライ)

価格4,104円
サイズ横17cm×縦16cm
仕様外側
ジップポケット:1つ
クリアポケット:1つ
素材ナイロン

ハーシェルサプライのミニショルダーは「サコッシュ」にも近いデザインをしています。

素材はナイロンが使われており、とても軽量ですね。

メインの収納以外にも、ジップポケット・クリアポケットが1つずつ付いています。

小物を整理して収納できるのは嬉しいですね。

価格は4,104円と安いので「軽量で安いミニショルダーが欲しい」という人にオススメ!

Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)

価格5,184円
サイズ横24cm×縦15cm
仕様外側
ジップポケット:1つ
素材コーデュラナイロン

マンハッタンポーテージはアメリカ生まれのブランドで、世界中の人に愛されています。

メッセンジャーバックが定番ですが、ミニショルダーも生産しているんですね。

今回紹介するバッグは「ジョガーバック」とよばれるもので、余計な装飾を省いて使いやすさを追求したモデルになっています。

素材には通常のナイロンの7倍の強度を誇る「コーデュラナイロン」が使用されているので、耐久性が非常に高い!

ガシガシ使っても大丈夫な「タフさ」を持っています。

ミニショルダーは屋外やアウトドアでの利用シーンも考えられるので、丈夫だと安心して使えますね!

フロント部分にはジップポケットが付いており、小物を整理することができます。

サイズも比較的大きく、A5サイズの冊子や500mlのペットボトルが収納できます。

価格も5,184円と安いので、間違いなくコスパに優れたバッグでしょう!

FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ)

価格4,860円
サイズ横18cm×縦23cm
仕様外側
背面ポケット:1つ
素材500デニール コーデュラナイロン

フレドリックパッカーズのミニショルダーの特徴は「小型&軽量」なこと。

素材には500デニールのコーデュラナイロンを使用されています。

コーデュラナイロンは軽量でありながら、通常のナイロンの7倍の強度を誇る素材なので、「タフなのに軽い」という夢のようなバッグですね。

メイン収納部分はタック式になっているので、見た目よりも収納力があります。

さらに背面ポケットがついており、使用頻度の高いものを入れるのにピッタリでしょう。

全6種類の豊富なカラーバリエーションがあるため、自分好みを色をチョイスできるのも嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です